ウェディングを考えているならココ|納得のできるプラン

レディ

親族中心のもてなしが多い

式場

親族中心の結婚式

沖縄県民式のウェディングは本州から来た人から見ると、規模や、やり方に大きな違いがあることに気付きます。まず沖縄でのウェディングは人数の規模がかなり大きいです。親族の人数がかなり多いケースがあり披露宴会場は通常の倍くらいの規模があります。通常であれば新郎新婦側の会社の上司などが代表挨拶や乾杯を行います。そして、歓談と友人のあいさつや余興が行われお色直し等をはさんだうえで、最後に両親へのお礼、そして新郎や両親からの締めのあいさつを持って終わるというのが一般的かと思います。しかし、沖縄のウェディングではこの流れは全体の後半部分となります。前半は何かというと親族中心のイベントが行われていきます。人数が多い故にか親族の代表挨拶があり、親族からの余興やサプライズ企画など続々と催しが進められます。通常2時間の枠となる披露宴でこれだけのイベントあるわけですから、当然歓談の時間などはありません。また規模の大きい余興に対応するため、披露宴会場には余興専用のステージや照明、音響器具が設置されているところが少なくありません。締めは親族だけでなく来場者すべてをまきこんで沖縄の民族舞踊などを一緒に踊るなど最後まで目が離せません。また飲食代の単価が安いことと親族の人数によるご祝儀の多さにも影響しているのかここまでの規模でのウェディングを開いても、新郎新婦の負担する費用も圧迫されないというのも特徴のようです。通常であれば招いている側ですので何か記念になることをやれば新郎新婦の負担も増えるイメージが普通ですがこういった点も大きく違いがあります。